2009年 07月 22日

富士登山 吉田ルート

0:00に東京の自宅を出発し、2:30頃富士山スバルライン五合目に到着。
しかし駐車場は満車で2kmほど手前に駐車し、薄い空気に体を慣らしながらゆっくりと着替えて3:00に歩き始める。
前日から吹き荒れる風がまだ強く、ときおり樹海の木を呻らせるが満天の星空にやる気がでてくる。
六合目の安全指導センターにて吉田ルートの簡易地図を貰えた。
d0124687_057542.jpg

小さいペンライトを真っ暗な登山道に照らしながら左下眼下に広がる湖と月、人口の灯りが素晴らしい。
d0124687_1545233.jpg




七合目にさしかかった頃に朝マヅメを迎えて辺りがホンワリ色づき始めた。一瞬のブルーモーメント。
d0124687_0585410.jpg

八合目手前でご来光を迎える。感無量の瞬間だ。手前の山中湖がいいアクセントになった。
d0124687_0591229.jpg

d0124687_122619.jpg

一瞬の出来事、風や空気の薄さ、初心者故にでカメラの設定をいじれず、ズーミングのみの構図変化。
ちょっぴり色気を出してRAWで撮ったものがあったのでPCにて記憶色にアレンジ。
d0124687_144980.jpg

火山岩が太陽の光に照らされて輝きだす。
d0124687_183489.jpg

標高も8合目以上になると3000mを超えてくる。眼下に雲海も見え、眺望は抜群だけど登りに息切れしてくきた。
d0124687_11024.jpg

3360mの本八合目から頂上までがキツかった。ゆっくりじっくり深呼吸し、肺に酸素を送りこみながら足を上げる。
鳥居をくぐり、狛犬の間を通ると頂上久須志神社に到着。ハイペースでグングン登ったので8:00前に到着ですが疲れました。
d0124687_1152238.jpg

頂上はとにかく暴風。この時期にこの天候は珍しいらしく、体感温度は真冬並み。北海道の遭難事故もこのような状況だったようです。
奥に見えるのが日本最高峰3775m剣ヶ峰です。いつかはこのお釜の中を滑りましょう。
d0124687_1354247.jpg

やはり3000m超えは伊達じゃない。もともと冬山がメインなので防寒装備は充実でしたが、なめてかかると危険です。
専用の下山道を通り、無事12:00ころ五合目に下山。日頃の運動不足で左膝が悲鳴を上げています。やっぱり滑ったほうが楽だ。
風に飛ばされた溶岩の砂で体中ジャリジャリ。携帯電話のスライド部分やC-PLフィルターの作動部も。
K20DやDA★レンズは防塵構造なので問題なし。頼れるPENTAXです。
[PR]

by wanzoproject | 2009-07-22 01:45 | 人生いろいろ


<< トリミングでNEWスタイル      冨士山登頂成功 >>